求人票に意外な落とし穴がある期間工

働き始めてから知らなかったでは済まされない問題になるのが、期間工の求人です。
期間工の求人には祝い金や契約満了時に支払われるボーナスがありますので、途中でやめるのは痛手になります。
だからこそ求人票の落とし穴をよく理解しておかないといけません。



意外な点がありますので、気を付けておきましょう。



入寮した時に車を持ち込んで大丈夫なところが多いですが、通勤はできない工場も多いです。
寮から送迎バスが出て、それに乗って工場に行くことになります。残業が続いた場合、バスの送迎が出なくなり、帰りは徒歩ということもあり得ます。
工場と寮の距離もそんなにないことが多いですが、疲れた後の徒歩が意外にきついものです。


必ずチェックをしてほしい項目です。

また寮はワンルームであったのに、トイレや浴室、キッチンは共同という寮もまだあります。

自分のプライバシーを尊重したいことでワンルームを選んだのに、そのようなシステムであれば、あまり長く続かない原因になってしまいます。
プライベートを重視することが続ける活力になりますので、その点もしっかりと把握することが大切です。


休みのときくらい、職場の人間と顔を合わせたくない人は特にこのような点に気を付けてください。
期間工の求人票にもそのようなことが書いていないで、いざ働き始めたら知ったということもあります。



自分がこれだけは譲れないものがある場合は、必ず面接のときに担当者に訪ねておきましょう。

トラブル回避には大切なことです。